パルスプラザに出展
2015.10.08
postcard2015.jpg

2015年の10月14日〜15日、
京都パルスプラザで行われる中信ビジネスフェアに
出展いたします。

京都の様々な企業が一同に集まります。
上の写真は、ご来場者にお渡しするポストカードサイズのパンフレットです。
弊社としてもあまりこういう機会がないので、
興味津々です。

弊社は「お店を作る会社」という一般には少し分かりづらい形態の会社なので、
来ていただいた方に、どこまで理解していただけるかがポイントだと思っています。

もし、ご興味ある方は、丁寧にご説明いたしますので、
ご来場いただければと思います。

尚、当日は印刷デザインキャンペーンを行います。
ご来場の上、ご契約いただいた方に、
お得な価格で印刷のデザインを提供致します。
ぜひご来場いただければと思います。

LEDの可能性<前編>
2012.06.05
led.jpg

私は2011年を「LED元年」と勝手に名付けました。

理由はホームセンター、スーパーマーケット、ドラッグストアに、
普通にLEDの電球が並んでいるのを見たのが、2011年だったからです。
つまり、2011年にほとんどの人が、LEDを知ったんだと思います。

私個人としては、かれこれ10年近く前から、蛍光灯に変わる電球として聞いていました。
当時はCDM球という水銀灯を小さくしたものと、LEDのどちらかが、
蛍光灯に取って変わるだろうと、予告されていました。

当時、圧倒的に光量が少なく暗い電球しか作れなかったLED。
光量と電気効率は優れているが、熱が強すぎるなど、扱いが難しいCDM球。
両者、正反対の特徴を持っていますが、
今では、光量が補われてきたLEDがシェアを占めはじめました。

私自身も、LEDを取り入れた設計をすることが多くなりましたが、
果たして、LEDはどこまで、可能性を持っているのでしょうか?
次回、自分がLEDを取り入れて、気づいた点を書いていきたいと思います。

PC COVER
2010.09.13
pc_cover.JPG


自宅に、中古のパソコンがやってきました。
そこで、こんなものを作っていただきました。

マリメッコのPCカバーです。

とりあえず、かなり部屋で存在感を主張しています。

それはそれとして、個人的には、結構、気に入ってます。
ボールペン
2009.08.19
ballpen.jpg

いつぞや、このブログで「シャーペン」を紹介しましたが、
今回は「ボールペン」です。

流動的だったラインナップの中からようやく、
これだ!と思う2品が定まりました。

まず、下のライトグリーンは持ち運び用として購入した
LAMYのボールペン。
まだ出たばかりの新商品らしいのですが、
見た瞬間「自分らしいなぁ」と思い購入しました。

そして、上の白は、事務所用として使用している
rotringのボールペン。
10代の頃から「ロットリング」という言葉に、
なんとなく憧れを抱いたこともあり、
このボールペンを見つけたときは、
「製図用のペンだけじゃなく、ボールペンもあるのか。」
と手にしてみました。
持ってみると思いのほか、手にフィットしたので、即購入。

どちらも見た目には耐久性が、そこまであるようには見えないので、
どこまで持つかは今のところ分かりませんが、
お気に入りとして、使用しています。
鍵と盗難
2009.06.08

先日のこと、弊社取引店の方から、
鍵付きの什器で盗難にあったとの報告があり、
一度、その鍵を見に行きました。

現場を見てみたところ、結論から言えば、
鍵を閉めたつもりで思っていたものが、
閉まっていなっかったという店員さんのイージーミスの可能性が、
最も高かったのですが、
その閉め方が誰でも分かるというくらい普遍性がないと、
この様なケースの事件が他にも起こるのだろうと感じました。

イージーミスであるが故に、
盗難の額はかなり手痛い出費であると言わざるを得ません。

今回のケースは「鍵の閉め間違いに注意をする」という結果で終わりましたが、
作り手である私たちにも、
「閉め方の間違いにくいモノ」を作る努力をしなければならないと感じました。

何せデザインとは「直感的に使えること」を、
一つの指標にしているのですから。

ペンダントライト
2008.08.09

世界中の人たちに「ペンダントライト of ペンダントライト」を選べと言われれば、
おそらく第1位に選ばれるのではないかと思われるのが、このライト。
ルイス・ポールセンの「PH5」

もちろん勝手な推測なので、大した根拠があるわけではないのだが、
形状、大きさ、価格、光の出方、そのトータルバランスが最もとれていると、
私は勝手に思っている。

かく言う私もこのペンダントライト購入以前は、
とにかく、憧れの照明器具だった。
購入してからは、一生付き合える器具へと代わった。

ただ私が購入したときよりも、
今はかなり値段が上がってしまっているのが残念なのだが、
私にとっては、最も愛着のある照明器具となっている。

三角スケール
2008.07.22

この仕事に「三角スケール」は必須だ。

「三角スケール」とは、この写真の様な定規だ。

見ての通り断面が三角形なのが、名前の由来であると推測される。
三角形の一辺に2つの縮尺の違う目盛りが刻まれ、
それが三角形だから、×3つ=6つの違う縮尺の違う、
図面の寸法が測れるって寸法だ。

私はこの三角スケールを3つ持っている。

一つは、事務所用。
一つは、持ち運び用のミニタイプ。
一つは、コピーで70.7%または86.6%縮小した図面を測れるもの。

どれも、必ず使うので3つとも必要になってしまった。
ちなみに写真のものは「持ち運び用のミニタイプ」である。

とりあえず、ここまで「3」というキーワードが出てくるのは、
私が「アホ」だからかもしれない。

シャーペン
2008.06.11

pen%26case.jpg

私が使うシャーペンは0.9mm芯だ。
あんまり文具屋さんでは見かけないが、
私にとって、もはやそれ以外はありえない。

このこだわりは一体何年前からか、もう覚えていない。
とりあえず、仕事についてからであることは確かだ。

使い始めたきっかけは、
「FAXを送る時にかすれないシャーペンを使いたい!」
だった。
マジックでもサインペンでもましてやボールペンでもない。

仕事柄、スケッチを描くことが多いので、線の失敗が多い。
なので消しゴムで消える事が必須なのだ。

もちろんこの条件に見合う芯は「2B」だ。
写真にのっている「STAEDTLER」も「FABER CASTELL」も、
どちらも芯は0.9mm・2Bだ。

どちらも堅牢で、だいぶ手に馴染んできた。
たぶん、使いつぶすまで使うだろう。

Copyright(c) 2003 - 2015 AS Design Plan inc. All rights reserved