部屋を印象づけるもの
2012.05.30
pendants.jpg

部屋を構成する要素として、
最も『その部屋の印象』に深く関わっている要素は、
いったい何だろうか?

壁?床?天井?家具?備品?

どれも、大事な要素ですが、
私が最も気にかけているのは、
「照明(光)」です。

私は、照明デザイナーではないので、
照明の細やかで、計算しつくされたデザインは正直できません。

しかし、そこにどんな照明(光)が来るとどんな印象になるかは、
とても気に掛けています。

たとえば、写真のもので考えてみれば、
壁と天井が白いのが分かると思います。

そこに太陽光の間接光と、ペンダントライトの光が壁に映り込んでいるので、
非常に優しい印象を与えることができます。

同じ白の壁でも、コンビニの様に蛍光灯がたくさんある光とは、
まるで印象が違います。
それは善し悪しではなく、その空間にいる人に、
どういう印象を与えたいかで、そこの照明が決まります。

「部屋の印象を変えたいのなら、まずは照明を考えるところから。」

いつもその様に心がけています。
おりたたみテーブル
2012.05.22
oritatami1.jpg

前回の会議室に続いて、今回は、そこに置かれた折りたたみテーブルを紹介しましょう。

会議室のデザインは決めたものの、テーブルに関しては、
折りたたみテーブルをご要望されているものの、
なかなかかっこいい既製品が見つからず、
にわかに行き詰まっていました。

では、発想を変えて「おりたたみテーブルを作ってみよう」ということで、
作ってみました。
ずいぶん前の話ですが、私自身、
「可動式はこわれる。」
という文章を書いたことがあり、
「可動式のものは、まず可動部分からこわれる。」
と長年思い続けています。
扉や引出しなど、基本的に動くものには、
経験と実証から、より壊れにくい金具や設計を試みています。

今回に関しては、今まで折りたたみテーブルを作ったことがないため、
図面上の不備を極力減らし、なおかつ実験を数回繰り返すという作業を行い、
できるだけ、シンプルで堅牢な作りを目指しました。

できあがったものは、なかなかのものになったと思います。

ちなみにテーブルになったときの写真も下に付けておきます。

oritatami2.jpg



いい発想は会議室で
2012.05.14
meeting.jpg

よく「会議室なんかでいい発想は生まれない。」
といったCMや皮肉めいた文章などを目にすることがありますが、
じゃあ、いい発想が出そうな会議室を作ってみようということで、
デザインをしてみました。

「会議室らしくないね。」
と、何人かに言われましたが、
「いい発想が出そう」と言う意味では、
今までデザインした会議室より、最も会議室らしくなったのではと、
ひそかに思ったりしています。


PHARMACY
2012.05.09
demaru.jpg

調剤薬局様のカウンターをおさめてきました。

カウンターは薬局に入ってまず目にするアイテムなので、
薬局の印象を大きく左右します。

内装の明るいイメージに合わせつつ、
投薬時(お薬を渡す時)に、ある程度プライバシーを保つための、
仕切りを設けています。

お店側のレジ位置やパソコンの位置なども、
考慮した作りになっています。


Copyright(c) 2003 - 2015 AS Design Plan inc. All rights reserved