ボルト
2015.09.01

bolt.jpg


デザインを決定していく上で、
詳細図を描くことは、現場でいかに滞りなく、
きれいに、かつ素敵に仕上がるかを考えるためのものであると言えます。

しかし毎日のように図面を描きながらも、
新たな発見を繰り返すのが、この仕事の面白いところです。

その一つがこれ、「ボルト」、
昔から天井から何かを吊るときに使う金具といえば、

「ボルト」を使うのですが、どの大きさのボルトを使うかなどは、
工事をする人に聞きながら図面を描いていました。

また「ボルト」の種類などもまともに勉強したことはなく、
なんとなく覚えている状態だったのですが、
このたび一度、勉強してみました。

上図は通称「3分(ぶ)ボルト」と呼ばれています。
このボルトは、実は「3/8インチボルト」が正解で、直径が9.53mmです。
日本の長さの単位である、3分(9mmちょっと)に近いため、
俗名「3分(ぶ)ボルト」と呼ばれています。

ただし直径が9mmのものは「M9ボルト」というものがあり、
いわゆる「3分ボルト」とは違うものになります。
上図では、ネジ頭のピッチも1.59mmと書いてますが、
ビスやネジも含め様々な法則が決められています。

ボルトの世界も奥が深いなぁと実感しました。

これで、これから描く詳細図も少しレベルが上がる、
・・・かも知れない。

Copyright(c) 2003 - 2015 AS Design Plan inc. All rights reserved