鍵と盗難
2009.06.08

先日のこと、弊社取引店の方から、
鍵付きの什器で盗難にあったとの報告があり、
一度、その鍵を見に行きました。

現場を見てみたところ、結論から言えば、
鍵を閉めたつもりで思っていたものが、
閉まっていなっかったという店員さんのイージーミスの可能性が、
最も高かったのですが、
その閉め方が誰でも分かるというくらい普遍性がないと、
この様なケースの事件が他にも起こるのだろうと感じました。

イージーミスであるが故に、
盗難の額はかなり手痛い出費であると言わざるを得ません。

今回のケースは「鍵の閉め間違いに注意をする」という結果で終わりましたが、
作り手である私たちにも、
「閉め方の間違いにくいモノ」を作る努力をしなければならないと感じました。

何せデザインとは「直感的に使えること」を、
一つの指標にしているのですから。

Copyright(c) 2003 - 2015 AS Design Plan inc. All rights reserved