夕焼けと飛行機雲
2008.05.23

夕焼けと飛行機雲です。
夕焼けは、日本古来からの考え方から言うと、
「死」を司ると聞いたことがあります。

それは、昼から夜が分単位(秒単位?)で変化する、
とても不安定な時間帯だからだと言われています。
また、夕焼けの独特の「紫」が、人が死んだ時に、
血色いい顔が「紫」を経て、白くなるからだとも言われています。

おそらく、夕焼けの「モノガナシサ」みたいなものが、
それを連想させるのかもしれません。

しかし私はこの時「夕焼けはきれいだなぁ」という思いで撮りました。
この青とも白とも赤とも紫とも言えない独特の色と透明感。
人は「色」だけでなく、五感で感じるモノに、
なんとも言えない奥行き感があると、
それを美しいと感じるのだろう。

そんな夕焼けに細くとも、芯の通った飛行機雲が一筋。
今回この写真を載せたのは、なにかの意志の現れなのかもしれない。

Copyright(c) 2003 - 2015 AS Design Plan inc. All rights reserved